4月
2015

宮城の中古マンションでも、落書きやガラス割れなどを放っておかない

中古マンションを宮城に購入しようという時、知っておいてほしいことがあります。

欧米の地下鉄は落書きなどがあり、異様な雰囲気で一人では乗らないほうがいいなどといわれていました。

乱暴者たちが地下鉄でたむろし、犯罪の温床となっている地下鉄は、女性はもとより子供、観光客などは近寄らないほうがいいといわれていたほどです。

でも新しい電車になり、デザインもスタイリッシュな内装に変更、非常に美しく洗練されたイメージの電車に生まれ変わりました。

すると不思議と犯罪も怒らなくなり、乱暴者たちがたむろする事もなくなったというのです。

荒廃は無秩序な環境を生み、無秩序状態はやがて犯罪を生むといわれています。

中古マンションを宮城で購入される場合、勿論落書きがあったり、ガラスが割れているなどの物件はないと思いますが、外部が清掃されていなかったり、駐車場があれているなどあまりいい印象にならない外部状況だった場合、治安が悪い環境かも知れないと考える方がいいでしょう。

中古マンションでも美しく清掃されメンテナンスもしっかり行われており、補修などが必要ない状態になっている外観であれば、セキュリティなども強固ではないかという予想が立つため、泥棒などもそうした物件は狙いにくいと言います。

荒廃した建物は「もしかしたらどこかの鍵が壊れていて、侵入可能かもしれない」という意識を与えてしまうので、防犯についての環境が整っていると言えないのです。

いくらセキュリティ設備がしっかりしていると説明されても、外部の清掃やメンテナンスがしっかり行われていない物件については要注意です。